アスピリンは心血管疾患(CVD)1次予防において、危険性を十分に上回る利益を示さないことが、個々の被験者のデータを用いたメタ解析の結果から示唆された。この結果はLancet誌5月30日号に掲載された。

ログインして全文を読む