脳卒中後の長期臥床に伴い深部静脈血栓症(DVT)を発症しやすいことが知られているが、弾性ストッキング(GCS)の着用はその予防に効果がないことが、多施設ランダム化比較試験で明らかになった。この結果は、Lancet誌6月6日号に発表された。

ログインして全文を読む