抗凝固薬の長期投与を受けている患者が、手術や侵襲のある処置を受ける場合、抗凝固薬の休薬による血栓塞栓症のリスクや、投与継続による出血リスクが懸念される。このため周術期に低分子ヘパリン(LMWH)に変更することが推奨されているが、患者個々のリスクにあわせた標準的なレジメンは存在していない。

ログインして全文を読む