米国でも病院のIT(情報技術)化は遅れているようだ。全米の病院を対象とした調査から、すべての部署で包括的な電子情報システムが導入されている施設は全体の1.5%しかなく、一部の部署に基本的な電子情報システムが存在する施設が7.6%、処方オーダーが電子化されている施設も17%にとどまることが分かった。N Engl J Med誌4月16日号に掲載された。

米国でも包括的電子情報システムの導入病院は1.5%の画像

ログインして全文を読む