サイアザイド系利尿薬とCa拮抗薬、ACE阻害薬、α遮断薬の心血管アウトカムを比較した大規模試験ALLHATの結果と、その後に発表された比較試験、メタ解析の結果を再評価したところ、サイアザイド系利尿薬は心不全予防の点で秀でており、糖尿病を発症しても心血管アウトカムに悪影響は及ぼさないことがわかった。この結果はArch Intern Med誌5月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む