周術期リスクの低い80歳以上の患者に頸動脈ステント留置術(CAS)を実施したところ、85%の患者が2年間、76%の患者が3年間生存し、高齢者でもCASを血行再建術の選択肢として考慮し得ることが示された。この結果はCirculation誌5月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む