末梢動脈疾患(PAD)を持つ高齢男性は股関節の骨量減少率が高く、非脊椎骨折のリスクも高いことが明らかになった。米ミネソタ大学の研究グループによる疫学研究の結果で、Circulation誌5月5日号に発表された。

ログインして全文を読む