薬剤溶出ステント(DES)を適応外の症例に使用しても(off-label use)、1〜4年後の死亡および心筋梗塞の発生率はベアメタルステント(BMS)を使用した場合と同等であることが、スウェーデンで実施された大規模な観察研究でわかった。この結果は、J Am Coll Cardiol誌4月14日号に掲載された。

ログインして全文を読む