慢性心不全で運動プログラムを実行した患者では、死亡や入院が減少し、QOLを含む健康状態が改善することが、HF-ACTION(Heart Failure: A Controlled Trial Investigating Outcomes of Exercise Training)試験で示された。同試験では運動の安全性も示された。この結果はJAMA誌4月8日号に掲載された。

慢性心不全の運動療法はイベントリスクやQOLを改善の画像

ログインして全文を読む