糖尿病は冠動脈疾患(CAD)のリスクとなるが、冠虚血の症状がない糖尿病患者を対象としたCADスクリーニングの有用性は明らかでない。このような患者を対象に、アデノシン負荷心筋シンチ(MPI)によるスクリーニング検査を行っても、心血管イベントの予防効果はないことが明らかになった。結果はJAMA誌4月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む