通常の心筋生検による病理学的診断には限界があり、遺伝子診断も研究段階にとどまる不整脈原性右室心筋症(ARVC)の新しい検査法が、N Engl J Med誌3月12日号に発表された。生検標本を用いて、細胞内の蛋白を標的にした免疫組織染色法で判断できることから、手技の普及により早期診断に道を開くものとして期待される。

ログインして全文を読む