米国で2003年に発表された改訂・高血圧治療ガイドライン(JNC7)は、大規模臨床試験「ALLHAT(Antihypertensive and Lipid-Lowering Treatment to Prevent Heart Attack Trial)」の結果を受けて利尿薬を第1選択とした。JNC7がどの程度受け入れられたかを評価するため、Paul Muntner氏らの研究グループは、発表前後で新規高血圧患者に処方された降圧薬の内訳を比較した。その結果は「変化はしたが大きなものではなかった」というものだった。

JNC7発表後も利尿薬の第1選択率はそれほど増えずの画像

ログインして全文を読む