LDLコレステロール(LDL-C)高値のために薬物療法の対象となり得る米国の若年者は、12〜17歳の約0.8%にとどまることが分かった。この結果は、Circulation誌3月3日号に掲載された。

ログインして全文を読む