脂質低下療法はコストがかかるが、冠動脈疾患のリスクを減少させるのに有用である。しかしスタチンが高価であることやその副作用を考慮すると、医療政策として投与すべき患者層の決定は容易ではない。

脂質低下1次予防戦略の公衆衛生的インパクトと費用対効果の画像

ログインして全文を読む