糖尿病や慢性腎疾患に罹患していない場合、メタボリックシンドローム(MS)は血圧の食塩感受性と有意に関連し、MS診断基準項目の該当数が多いほど食塩感受性も亢進することが明らかになった。米ニューオーリンズ・テュレーン大を中心としたGenSalt Collaborative Research Groupによる報告が、Lancet誌オンライン版に2月16日に掲載された。

メタボリックシンドロームと血圧の食塩感受性は有意に関連の画像

ログインして全文を読む