高血圧に関連した疾患や死亡のリスクを低減するには、長期に渡る血圧管理が必要である。軽度から中等度の高血圧患者を対象に、初の経口レニン阻害薬アリスキレンとACE阻害薬ラミプリルを比較した6カ月間の大規模臨床試験の結果、アリスキレンの優れた降圧効果と忍容性が示された。詳細は、J Hypertens誌に掲載された。

アリスキレンvsラミプリル、長期投与の有効性を比較の画像

ログインして全文を読む