慢性心不全患者に対して、ACE阻害薬またはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を含む標準的治療に直接的レニン阻害薬アリスキレンを追加投与したところ、心不全の重症度の指標となるヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)が有意に低下した。詳細はCirc Heart Fail誌に掲載された。

慢性心不全に対するアリスキレンとRAA系抑制薬の併用効果の画像

ログインして全文を読む