ACE阻害薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、心血管系臓器に対して保護作用を示すことが明らかになっているが、新たに開発された直接的レニン阻害薬アリスキレンも、ACE阻害薬やARBと同等の降圧効果に加え、臓器保護作用が期待されている。

アリスキレンの左室肥大軽減作用はロサルタンと同等の画像

ログインして全文を読む