経口抗凝固療法の開始時にワルファリンの投与量を決定する際、同薬剤の薬物動態にかかわる遺伝子多型を考慮すべきという指摘があるものの、遺伝情報を用いた実際的な決定方法について、多様かつ大規模な集団を対象とした評価はなされていない。

薬理遺伝学的アルゴリズムでWarfarin初回投与量を決めるの画像

ログインして全文を読む