先日の循環器プレミアムで、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のsalsalateを使って2型糖尿病の治療が可能かどうか検討する臨床試験、「TINSAL-T2D」が始まったことを報じた(こちら)。その記事でも参考文献として挙げたDiabetes Care誌の2008年の論文を紹介しよう。本論文も、TINSAL-T2Dを率いる米ハーバード大とジョスリン糖尿病センター(米ボストン)のグループのものである。

NSAIDsのsalsalateは若年肥満者の耐糖能を改善するの画像

ログインして全文を読む