低左心機能患者に対する一次予防としてのICD(植込み型除細動器)治療により、年齢や合併症にかかわらず死亡率は低下、75歳以上でも費用対効果は減じなかったことを米国ミズーリ大のグループが発表した。このような患者を必ずしもICDの適応から除外すべきではないと結論した本論文は、Circ Cardiovasc Qual Outcomes誌09年1月号に掲載された。

ログインして全文を読む