大伏在静脈グラフト(SVG)への留置症例を対象に、薬剤溶出ステント(DES)の1つであるパクリタキセル溶出ステント(PES)とベアメタルステント(BMS)の予後を比較したSOS(Stenting Of Saphenous Vein Grafts)試験の結果が発表された。12カ月の観察期間で、PESはBMSよりも再血行再建と標的血管不良(target vessel failure)が少なかった。この結果は2008年12月23日、JACC誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む