ベアメタルステント(BMS)と比較した薬剤溶出ステント(DES)の長期的な安全性を確認する目的で、3年間の追跡を行った前向きコホート研究の結果が発表された。留置1年後までは、全死亡、死亡と再血行再建ともにDES群の方がリスクは低かったが、その後イベントが増加し、3年後では全死亡は同等、死亡と再血行再建はDES群の方が高リスクとなった。この結果はCMAJ誌のオンライン版で12月18日に公開され、同誌1月20日号に掲載さる予定。

DES vs. BMS、3年後の長期予後は同等の画像

ログインして全文を読む