米国の65歳以上のメディケア加入者を対象に、冠動脈造影検査(CAG)の実施率と、冠動脈インターベンション(PCI)、冠動脈バイパス手術(CABG)のそれぞれの実施率との相関を調べた結果、PCIは冠動脈造影と強い相関が認められたのに対し、CABGとは低い相関しか認められず、冠動脈造影の件数が増えてもCABGの増加には直結しないことがわかった。この結果はCirculation誌12月16/23日号に掲載された。

ログインして全文を読む