米国では急性心筋梗塞(AMI)後の死亡率には性差があり、女性の方が予後は悪いという報告が多くなされている。現状を検証するため大規模コホート研究を行ったところ、AMI後の調整後院内死亡率に性差は認められなかった。しかし、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の場合は女性の方が有意に院内死亡率が高かった。この結果は、Circulation誌12月16/23日合併号に掲載された。

ログインして全文を読む