fetuin-Aは肝臓から分泌される糖蛋白で、実験動物レベルではインスリン抵抗性の惹起や催炎症作用などが確認されている。このfetuin-Aの血中濃度が高いと心筋梗塞や虚血性脳卒中のリスクが有意に上昇するという大規模前向きコホート研究の結果が、Circulation誌12月9日号に発表された。

ログインして全文を読む