心房細動において脳卒中や血管イベントを最も有効に阻止するのは経口抗凝固療法(OAC)であることは、無作為化臨床試験のメタ解析から明白である。OAC効果の個人差や個人内での日差変動から、INRを用いた投与量調節が国際的に行われている。

AFの経口抗凝固療法はTTRを指標としたINR管理が必要の画像

ログインして全文を読む