うつと心血管イベントのリスク上昇との関連について、安定した冠動脈疾患の外来患者1017人を対象に行われた前向きコホート研究「the Heart and Soul Study」では、関連性の大部分はうつに伴う身体活動性の低下で説明できるという結果になった。この報告はJAMA誌11月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む