経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行した糖尿病患者を、薬剤溶出ステント(DES)を使用した例と、従来のベアメタルステント(BMS)を使用した例に分け、長期成績を比較した結果、3年後の死亡率、心筋梗塞発症率、再狭窄率のいずれについてもDESの方が優れていた。この結果はCirculation誌11月25日号に掲載された。

糖尿病患者のPCI後の予後、DESの方が良好の画像

ログインして全文を読む