ST上昇型心筋梗塞(STEMI)でPCI時に血栓吸引術を実施した患者において血栓の形成時期と予後の関係を調べたところ、形成後1日以上たった古い血栓が見つかった患者では、1日未満の新鮮な血栓のみの患者に比べて死亡率が高いことがわかった。古い血栓の存在は、STEMIの独立した予後予測因子だった。この結果はCirculation誌10月28日号に掲載された。

血栓の形成時期がST上昇型心筋梗塞の予後と関連の画像

ログインして全文を読む