地域ベースで長期間のコホート研究を実施したところ、心筋梗塞後の院外突然死(以下、突然死)は過去30年で4割近く減少していた。突然死のリスクは心筋梗塞後30日を超えると有意に低下したが、ベースラインに心不全がある場合は4倍以上に及んだ。また、再灌流療法を受けた患者のリスクは有意に低下していた。この報告は、JAMA誌11月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む