冠動脈バイパス移植(CABG)は、虚血性心疾患の有効な治療法だが、その長期予後においては、冠動脈の新たな部位や移植した静脈グラフトに発生するアテローム性動脈硬化が問題となっている。

CABG後1カ月以内のスタチン投与が予後を改善の画像

ログインして全文を読む