心不全を伴う薬物抵抗性の心房細動患者に対するカテーテルアブレーション治療では、肺静脈隔離術の方が房室結節アブレーション+両室ペーシング術に比べて、QOL、運動耐容能、心機能のいずれにおいても改善率が高かった。この結果はN Engl J Med誌10月23日号に掲載された。

心不全を伴う心房細動には肺静脈隔離術が優れるの画像

ログインして全文を読む