心房細動の再発予防を目的としてアミオダロンを発症時ごとに使用した場合と、継続的に使用した場合を比較したところ、期待に反して発症時ごとの使用には臨床的優位性が認められなかったという報告が、JAMA誌10月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む