心臓超音波検査で大動脈二尖弁が見つかった成人を平均9年間経過観察したところ、心イベントの発生率は25%と高率であったが、生存率を見ると年齢・性別を一致させた一般人の対照群と有意差を認めなかった。この結果はJAMA誌9月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む