洞調律(SR)の重症心不全患者に対する心臓再同期療法(CRT)の有効性は確立している。しかし心不全患者の3分の1は心房細動(AF)を合併しているにもかかわらず、これまでのシステマティックレビューは心房細動患者を除外しており、AF合併例に対するCRTの効果はよく分かっていなかった。そこで、Upadhyayら米国マサチューセッツ総合病院の研究グループは、SRとAFでCRTの効果が異なるか検討した前向きコホート研究のメタ解析を実施、10月7日付けのJ Am Coll Cardiol誌に報告した。

ログインして全文を読む