大動脈弁狭窄症の弁尖における組織病理学的変化は、血管におけるアテローム性動脈硬化症の変化と同様の炎症性変化であることが知られている。弁膜のこの変化は、血管の閉塞や冠動脈疾患の徴候がなくても、心血管死や心筋梗塞のリスク増加と関連する。

強力な脂質低下療法を行っても大動脈弁狭窄症は改善せずの画像

ログインして全文を読む