西欧では魚やω-3不飽和脂肪酸(ω-3 PUFA)の食事摂取が虚血性心疾患のリスクを軽減することが多数報告されてきたが、アジア諸国での情報は不足している。本邦についても、2つのコホート研究(NIPPON DATA80、JPHC研究)と1つのRCT(JELIS研究)に限られている。しかも脳卒中や心不全との関連となると、さらにデータが不足している。

ログインして全文を読む