冠動脈疾患(CAD)および大動脈弁狭窄症の患者に対して、血液中のホモシステイン濃度を低下させるビタミンB群(VB6、VB12、葉酸)を長期間投与して死亡率や心血管イベントを追跡したが、対照群に比べて有意な減少は見られなかった。ノルウェーでの研究によるこの結果は、Journal of American Medical Association誌8月20日号に掲載された。

ログインして全文を読む