膝関節鏡手術は侵襲度も低く整形外科では最も一般的な手術の一つであり、世界中で年間約350万例も施行されている。特にスポーツによる半月板損傷がその原因の大半であるため、若い患者が多い。本手術でも深在静脈血栓症の明確なリスクがあるものの、これまで血栓予防策はルーチンには推奨されていなかった。

ログインして全文を読む