35歳以下の青年期に前高血圧(prehypertension、120-139/80-89mmHg)だった人は、中年期になったとき冠動脈石灰化がより進行していることを示す研究結果が発表された。カリフォルニア大学サンフランシスコ校のプレッチャーらのグループによる前向きコホートを用いた調査で、Ann Intern Med誌7月15日号に掲載された。

青年期の前高血圧は中年期における冠動脈石灰化のリスクにの画像

ログインして全文を読む