閉塞性の肥大型心筋症(Obstructive HCM:Obstructive Hypertrophic Cardiomyopathy)に対する治療法として、経皮的カテーテルによる心室中隔アブレーションと外科的な中隔切除術を比較したところ、カテーテルアブレーションでも中隔切除術と同等の改善率および生存率が得られた。しかし合併症の頻度は高く、さらに65歳以下の患者では中隔切除術の方が成績は良好だった。この結果はCirculation誌7月8日号に掲載された。

ログインして全文を読む