頸動脈の雑音が聴取できる人は、心血管疾患による死亡および心筋梗塞の発症率が有意に高いというメタアナリシスの結果が明らかになった。Lancet誌5月10日号に掲載された。頸動脈雑音はこれまで、脳血管イベントと関連付けて研究されることが多かった。だがTIAなどの有症者では頸動脈雑音があっても、予後規定因子としては頸動脈狭窄の重症度の方が重要だった。一方、脳血管疾患に関連する症状がない(=無症候性の)頸動脈雑音は、同疾患の予測因子としては精度が低かった。

ログインして全文を読む