近年、高齢化社会を迎え心不全患者は増加傾向にあります。死亡率は減少傾向にあるのですが、反面、入退院を繰り返しながら患者・家族ともに、身体的、精神的、経済的に疲弊していくことを見る機会が増えています。親の介護のために子が失職する、いわゆる介護失職のケースに遭遇することもあります。

心不全管理プログラムの概略の画像

ログインして全文を読む