このテーマに関して、日本の心不全の教科書に書いてあることは、それほど多くはありません。医学書には、運動強度を基にした記載があり、NYHA II度くらいまでの心不全患者であれば運動強度からは性行為は可能であるとしています。ではチーム医療の視点として、どのようなことを考えるべきなのでしょうか?

心不全患者における性的問題の考え方の画像

ログインして全文を読む