10月15日公開の本連載「心不全と低体重――栄養評価について」の中で私は、慢性心不全患者は低栄養であり、介入が必要であると述べました。ただ、心不全の栄養改善指導は単純ではなく、理論構築もこれからという分野です。

間違った食事指導の危険性の画像

ログインして全文を読む