慢性心不全患者は、冠動脈狭窄を合併することが非常に多いです。また、高齢であることが多いので、心機能も低下しており、腎機能も悪いことが多いといえます。慢性心不全患者の予後は心機能以外に独立した危険因子として、腎機能悪化、貧血悪化でも規定されているので、心臓カテーテル検査や血行再建を行った場合、造影剤を使用し腎機能を悪化させる可能性があり、さらに手技中の出血により貧血を来すリスクもあります。

心不全患者へのPCIは予後を改善するかの画像

ログインして全文を読む