高齢化社会になるに従い、心不全患者の入退院は増加する一方です。再入院の原因は心不全自体の悪化によることもありますが、治療薬の内服中断や水分過多、生活指導の不徹底などによることもあります。患者さんを長期にわたってサポートする人がいないこと自体が、再入院のリスクと考える研究もあります。そのため患者の遠隔モニタリングシステムは、患者指導により入院回避を目指す仕組みの1つと考えられます。

ログインして全文を読む