脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)、脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N末端ウラグメント(NT-proBNP)はガイドライン的に心不全の(特に急性心不全)「診断」、「リスク評価」に有用であると記載されています。しかし「治療効果指標」としてはエビデンスが少なく、有用とは記載されていません。

75歳以下の心不全治療ではNT-proBNPガイドが有用の画像

ログインして全文を読む