急性心不全では、短期効果と長期予後が必ずしも相関しない指標が多く認められ、このことが臨床試験の解釈を複雑にしています。実際、急性心不全で使用される点滴薬剤には、長期に心血管イベントを抑制する効果が多施設の大規模臨床試験で証明されているものはありません。今回は、その短期指標について考えてみたいと思います。

ログインして全文を読む